menu

A New Rlease As Appendix Flexidisc Of The Magazine, NEUTRAL COLORS {NC}.

2020-07-30
ニューリリースはなんとソノシート!凄まじい新雑誌「NEUTRAL COLORS{NC}ニュー・カラー」創刊号の付録としてリリースされました。時代に逆行するかのような新雑誌、そして懐かしのソノシートから生み出される時間を考えます。

めちゃくちゃ久し振りに物体リリースです。今回はなんとソノシート!雑誌「NEUTRAL COLORS{NC}ニュー・カラー」創刊号の付録としてのリリースです。

購入は以下特設サイトより!
https://amamjaubb.com/ncxamjb

とにかく熱量が半端ない雑誌「ニュー・カラー」

まずは本体の雑誌が色々凄い。

NEUTRAL、TRANSIT、ATLANTISを生み出してきた編集者による集大成的な作品。世界初(?)、オフセット印刷とリソグラフ印刷を5000部融合させた、オルタナティブな雑誌です。創刊号の特集は「人生とインド」。タラブックスの絵本が生まれる現場密着取材や、伝説のインド料理店「砂の岬」の店主日記、ユザーンによるタブラ修行日誌……などなど、インドが人生に張り付いてしまった人の、“超個人的”な想いが迸る内容です。最新の印刷技術と手作業が混じり合ったとき、唯一無二の雑誌が生まれました。

NEUTRAL COLORSの特徴
・超個人的なインドへの想いが綴られた記事内容
・かつてない色彩のビジュアルと、豊富すぎる文字量
・週刊誌のような厚みのある中綴じマガジン仕様

https://neutral-colors.com/books_post/neutral-colors-1/

リソグラフによる手刷りを交えて5000部を完成させるという凄まじいことやってます。そのため一冊毎に風合いの違いが感じられます。その発色が素晴らしい事に加え、膨大な文字量も相まって、長く手元に置いておきたくなる雑誌だと思います。

オフラインチルスイッチ

付録のソノシートに収録する音源として、「CARAVAN」を新録。そこへ、カトヘン(加藤編集長)からどっさりと送られてきた、インド取材時のフィールド録音源をミックスしました。

雑誌からソノシートを抜き取り、タンテの針を落とします。チリチリと心地よく鳴る針のノイズがたまりません。雑誌を手に取り、夢中になって活字を追えば、いつの間にかソノシートの音が止み、わざわざ腰を上げて針を戻す。一手間です。

その時間にインターネットは必要としません。むしろ断ち切るべきです。もはや、アナログな世界を眺めるためには、オフラインチルを堪能するためには、一手間が必要な時代になっています。

個人的に「わざわざ」が大事なんだと感じる昨今です。もちろんインターネット上の新奇性や即時性の高い情報などから、味わい深い感情を得る事は出来ます。しかしあまりに便利であることから、現実に目の前を流れる複雑なグラデーション模様を味わう機会を逃してしまいがちです。オフライン状態を「わざわざ」用意して活字と写真と音楽を味わう。ソノシートはそんなオフラインチルのスイッチとして存分に機能すると思います。

CARAVANという曲について

CARAVAN

LYRICS:YASATO UFO
MUSIC:NOVO UFO
ARRANGEMENT:AMAMJAUBB

いつも日の出に引っ張られます
いつのまにかここにいます
私は目を待っています
私は耳を待っています
ずいぶんと経った

https://amamjaubb.com/ncxamjb

この曲が生まれたのはフリーマントルの路上でした。

猛烈な日差しの降り注ぐ年末のお昼頃、キャラバン(トレーラーハウス)で遅い朝食を済ませてから、楽器を担いで街へ繰り出し、夜が更けて人々の姿がまばらになるまで演奏。通り過ぎる人、立ち止まる人、笑顔を見せる人、涙を流す人。たまに犬。

演奏と日常が、不必要なまでに一体となっていた頃に、いつのまにか生まれていた曲です。

パースシティの街中

時折ライブで演奏はしていましたが、録音に取り掛かる事はなかった曲でした。カトヘンからソノシートの話が無かったらずっと未録音のままだったと思います。思い入れが強くて変に大事にしちゃうんですね。よくわかりませんね。

フリオの駅付近

雑誌、ソノシートともに、手触りや質感から感じ取れる時間をご堪能頂ければ幸いです。数量限定となっておりますのでお早めにおゲットされてください!

年越しのフリオ

購入は以下特設サイトより!
https://amamjaubb.com/ncxamjb

FOLLOW
AMAMJAUBB